横浜の商店街
お買い物はお近くの商店街で!!
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
新商品リリース|
「金沢文庫 パノラマ 鳥瞰地図」(500円)
■バザアル金沢文庫の岩下書店が初の自主出版
 「地域に根ざした店舗」。言うのはたやすいが、実際問題どのようにすればいいのか?
 その問題にチャレンジしている店の1つが、京急線金沢文庫駅西口の岩下書店(ユニー金沢文庫店が核店舗のSC、バザアル金沢文庫3階)だ。
 この8月、「金沢文庫 パノラマ 鳥瞰地図」を発行した。仕入れて販売するのではなく、企画から製作しての販売である。安藤広重の浮世絵、「金沢八景」をヒントに多様な魅力に富んだ金沢の名所をパノラマ鳥瞰地図という形にして売り出した。同店としては初の出版物である。売れ行きは「なかなかいい」という。
■金沢区を中心にロシアや韓国まで網羅?
 この地図は、縦が約41センチ、横が約83センチ。表面は、浮世絵風のカラー印刷。地元、金沢区を中心に東はみなとみらい、そして東京タワーまで。西は葉山、逗子、鎌倉、江ノ島など。遠くは金沢市、京都、そしてロシア・ウラジオストックや韓国・釜山まで掲載されている。ものすごい遠近法(?)を駆使。遊び心がうかがえる。
 裏面はモノクロで、「土地も歴史も見えてくる」金沢区観光案内マップ。
 金沢八景の由来、海の公園、八景島、県立金沢文庫、川合玉堂別邸、伊藤博文別邸、明治憲法草創の碑、そして数多くの寺社などを、(1)アート文化、(2)歴史探訪、(3)文明開化、発祥の地、(4)リゾート堪能の4スポットに分けてわかりやすく掲載している。

安藤広重の浮世絵を参考にデザインした金沢文庫パノラマ鳥瞰地図
■観光すごろくや金沢区のデータつきケース
 地図は折り畳んでケースに入れている。ケースは、厚い紙を2つ折りし、片側が地図を入れるポケットになっている。表側は、地図の案内を兼ねた表紙と金沢名所案内すごろくになっている。ポケット部分には「データで見る金沢区」として、人口、面積、公園の割合、金沢区のおいたち、金沢区の花や木のイラストなどがコンパクトにまとめられている。

金沢の魅力がケースの表紙と裏表紙
(金沢名所すごろく)にもびっしり
■伝えたかった金沢区の魅力
 発行の中心人物は、岩下書店4代目の岩下雅紀氏(35歳)。
 なぜまちの書店がマップを発行したのだろう? 同書店発行の「シャコタイムズ」4号(A4判1枚両面)によると、「豊かな自然、由緒正しき歴史と伝統、リゾートアミューズメント、工業地帯等々様々な顔を持つ、バランスのとれた金沢区の魅力を何とか伝えられないかと思っていた。そんな時に見た安藤広重の浮世絵、『金沢八景』に、これだ、と」製作に入る。 構想から完成まで約半年。同店にとって、出版物の編集・製作は初めてで、試行錯誤の連続だった。区内各名所の取材は岩下氏が殆ど1人で担当。鳥瞰地図のデザインは、名古屋在住のイラストレーター、安楽雅志氏に依頼した。出来映えは「額に入れて飾っておきたいほど」(岩下氏)。

金沢の海でとれるしゃこは
岩下書店のロゴの1つでもある
 
■カルチャースクールやポイントカードも
 「昨今、大型書店やネット書店の台頭により町の本屋の存在意義が薄れている。岩下書店は地元『金沢・横浜・湘南』に根ざした書店として、才能豊かなこの地域に眠る数多くの才能を発掘し、皆様にとってなくてはならない存在になってゆきたい」という岩下氏。
 その一環としてカルチャースクール、「シャコアカデミア」をこの8月に開設。第1弾は、えほん翻訳教室 「えほんやくLOVE」。講師は地元の翻訳家、冨田麗子氏。
 また、今回の出版を機に、書店としては珍しいポイントカードも始めた。税抜き1000円ごとに1スタンプ。20スタンプたまると500円の商品券として使えるほか、非売品オリジナル蝦蛄家紋グッズなどがもらえる。
 同店では、この地図の発売を記念して、区内の多様な情報を届けるため、ホームページのリニューアル、そして、メルマガ「地元百科事典」もスタートさせた。
 同店のHPは
http://www.kanazawabunko.com/

 インターネット活用のほか、印刷物での情報発信も力を入れている。その1つが今回のパノラマ鳥瞰マップであり、情報紙「シャコタイムス」(これまで4号)などである。

 消費者とのコミュニケーションツールの1つ
として紙媒体(情報紙)も発行している
[新商品リリース一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。