横浜の商店街
お買い物はお近くの商店街で!!
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
この人に会いたい人物伝|
継続を力にするリーダー
 ○…「継続が大事」。そんな信念を持つ。職に就いて約7年。加盟70店ほどの先頭に立つ。「イベントがなくなると、商店街は衰退する気がする」と、企画から販促活動まで率先して動き続ける。現在、年間で実施するイベントは、ひと月おきに6〜7回。先日点灯式を行ったイルミネーションも、活性化が目的だ。「しょっちゅうミスもする。周りの補佐があるから先頭に立てる。支えられての理事長ですよ」

 ○…北海道出身。実家は時計店。「三男だったから、両親に外で花咲かせて来いって言われて」。大学入学時に上京した。鶴見に来たのは20代前半ごろ。参加していた社会人合唱団で妻と出会い、妻の実家の喫茶タンゴを継いだ。「付き合っていた当時から下宿させてもらっていたから、40年近く。こっちが故郷だよ」。民間企業を経て、外部から入ってきた商店街。よそから見たこの土地の良さがあった。江戸末期、佃野町にあった行商人が商売繁盛の願掛けを行っていた地蔵を「ぼてふり地蔵」として甦らせたこともそのひとつだ。

 ○…大好きな歌がライフワーク。合唱団に入り、18歳から毎週1回以上の練習をほとんど欠かしたことがない。喋るのが苦手で、イベントのあいさつ代わりに歌うほど。「歌う理事長って呼ばれている」と笑う。「この前退職した先輩が名ホールでリサイタルをやってね。うらやましかった」。個人リサイタルを開くのが夢だ。

 ○…5年前、初めて行った企画で1万人を動員した。「『昔が戻ってきたみたい』と言われて嬉しかった」。それが原動力だ。商店街には厳しい昨今の経済情勢。それでも、歩みは止めない。来春までに、防犯カメラの設置、LED照明への変更、財産であるアーケードの改修など、設備改善も目白押しだ。マンネリ化しないように、イベントの刷新も図る。「妻には、店そっちのけでと言われるけど」。最盛期も見てきた商店街への思いを胸に、先頭で指揮をとる。

【タウンニュース鶴見区版・平成26年12月4日号より転載】
[この人に会いたい人物伝一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。