横浜の商店街
お買い物はお近くの商店街で!!
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
この人に会いたい人物伝|
商店街復活へ橋渡し
 ○…「去年は2千人くらいのお客様に来て頂いて大変盛り上がった。今年は更にパワーアップして、より多くの方に楽しんで頂けたら」。11日に西区の商店街、藤棚一番街で行われる「こども笑店街」への意気込みを笑顔で語る。昔は地域に子どもが多く、商店街にも

笑い声が響いていた。そして、最近近隣のマンション増加などで再び子どもが増えてきた。「あの頃の活気を取り戻したい。地域に密着する商店街に子どもたちが多いと、街に活気がでてくるよね」

 ○…昨年6月に理事長に就任。刷新された理事にも若手が名を連ね、世代交代を図っている。「自分は先輩方と若手の橋渡し役」と謙遜するが、これまでの良い面を引き継ぎつつ、活性化へのチャレンジにも貪欲だ。近年、周辺にコンビニや大型スーパーの出店が相次ぎ、危機意識も高い。「まずは商店街の日曜・祝日の歩行者天国を解除して、休日も車で買い物しやすくしたい。イベントも増やして、『あの商店街はいつも何か面白いことをしている』と思ってもらえるようになれば」と意気込む。

 ○…祖父が西区藤棚で1960年に創業した老舗スーパーマルヤマの戸部店店長を務める。地域密着型の同店には、昔からの常連客も多い。「商品を喜んでもらえた時が一番うれしい。今後は横浜の隠れた逸品などを発掘して、地元愛を大切にしながら、うちでしか買えないような店づくりをすすめていきたい」と話す。

 ○…生まれも育ちも藤棚。西前小に通い、小さいころは市電が走り、街にも商店街にももっと活気があったと懐かしむ。最近は忙しくて時間がないが、「実は本の虫でね」と笑う。商店街の本屋で本を買うのがいつも楽しみだった。「ずっと商店街で育ったのでやっぱり元気になってもらいたい。状況はいろいろ厳しいが、逆にチャンスと思ってみんなと挑戦していきます」。物腰は柔らかだが、確かな情熱がこもっていた。

【タウンニュース中区・西区版・平成26年5月8日号より転載】
[この人に会いたい人物伝一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。