横浜の商店街
お買い物はお近くの商店街で!!
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
この人に会いたい人物伝|
仲間とともに「10年」へ
 ○…東日本大震災からまもなく5年。被災地から購入したサンマを焼き、無料配布する「愛と勇気とさんま」の活動もまた、5年を迎える。活動は土日を中心に年間約100回に上るが「仲間の前で自分だけ『疲れた』とは言えないなあ」とにっこり。「まずは10年続ける」という目標は立ち上げ時から変わらない。「”横浜といえばサンマ焼き”という文化が根付いていくと嬉しいよね」

 ○…横浜南部市場の有志数人で始めた活動は、変化を続けている。まずは協力者の数。今や100人以上が関わる大所帯となった。そして昨年から名前を変え、区の商店街連合会に加盟。場所ではなく「想い」で繋がる、珍しい商店街のかたちだ。サンマ焼きを続けてきたことで、イベントを企画するノウハウや人脈を培ってきた。「これから、市内のいろんな商店街や団体と一緒に、地域の活性化に繋がる活動をしたい」

 ○…南部市場内で、業務用食材を扱う店舗を経営する。勤め始めた33年前を振り返り「当時は本当に活気があったなあ」と目を細める。時代は流れ、市場は変わった。「その中でも自分たちにできることがあるはず」――言葉を交わさずに物が買える時代だからこそ、会話を大事にする「市場の商売」を大切にしたいという。「例えばサンマを焼きに行った先でも、会話は大切にしたい。地域の課題や、自分たちにしかできないことが見つかるかもしれないから」。サンマ焼きの輪が現在も広がり続けているのは、この信念があるからかもしれない。

 ○…「仲間に恵まれたから、たまたま続いた」と話す。活動に否定的な意見を耳にしてきた。風評被害にも遭った。それでも続けられるのは、信念を持つ仲間がいるからこそ。今年はサンマの高騰という課題に直面しており、打開策を模索中だ。「辛そうにしていたら活動は続かない。ボランティアの場だからこそ、笑顔があるといいよね」

【タウンニュース金沢区版・平成28年1月21日号より転載】
[この人に会いたい人物伝一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。