横浜の商店街
横浜市商店街総連合会 OFFICIAL WEBSITE
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
ヘッドラインニュース|
佃野でパレードや物産展
 佃野町のレアールつくの商店街(高橋英昭理事長)で先ごろ、商店街の歩行者優先運動と、東日本大震災や熊本地震の復興支援物産展が実施された。当日は運動のほか、商店街のセールなども実施され、多くの人でにぎわった。

 歩行者優先運動では、商店街の自転車通行マナーを啓発。神奈川県警察音楽隊や潮田中学校マーチングバンドがアーケードをパレードした。同商店街は、午後2時から8時までは歩行者天国で、自転車利用者は、自転車を降りて押して通行するルール。しかし、走行する自転車は後を絶たず、歩行者と衝突するケースもあり、高橋理事長は「今後もマナー向上を目ざしたい」と話す。

 物産展は震災の翌年から継続しているもので、今年は福島県、岩手県、茨城県、大分県が出店。豊岡小学校の児童も販売の手伝いに参加した。震災から丸6年が経ち、被災地の物産展が開かれる機会は全国的に減少しているという。高橋理事長は、「福島では観光客が未だに戻ってきていない。これからもできることを続けたい」と話している。

商店街をパレードする潮田中マーチングバンド
【タウンニュース鶴見区版・平成29年4月6日号より転載】
[ヘッドラインニュース一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。