横浜の商店街
横浜市商店街総連合会 OFFICIAL WEBSITE
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
ヘッドラインニュース|
義援金を熊本へ
藤代理事長代行が手渡し 大口通商店街
 熊本の復興に役立ててもらおうと、大口通商店街協同組合(渡邉誠理事長)は11月21日、組合員である藤代哲夫市議を理事長代行に任命し、義援金20万円を澤田昌作(よしとも)熊本市議会議長に手渡した。

 熊本の被災地支援について話し合われた夏の理事会では、現地にボランティアを派遣する意見などもあった。しかし、「被災者が一番ほしがっているものに使ってもらったほうがいい」という意見が大勢を占め、義援金による寄付が決定。同商店街に事務所を構える藤代市議を理事長代行に任命し、視察のタイミングを待っていた。

市議会を訪問

 集められた義援金は20万円。東日本大震災の被災地にも寄付を行っており、これまでの累計額が同じになるよう設定された。

 藤代市議は11月21日に熊本市議会を訪れ、澤田市議会議長に義援金を手渡した。澤田市議会議長は「お心遣いに感謝します。まだ熊本の復興は道半ばなので、いただいた義援金を有効に使っていきたい」と感謝の意を示した。

今後も応援

 同商店街は、鹿児島県の北部に位置する大口(おおくち)市(現伊佐市)と交流があるなど、九州との縁が深い。熊本地震の直後に積立金の中から15万円を日本赤十字社経由で寄付したほか、用途を事業復興に定め、横浜商工会議所と神奈川県中小企業団体中央会にそれぞれ5万円を寄付。さらに、商店街をあげて「大分物産展」を開催するなど、被災地支援に取り組んでいる。

 渡邉理事長は「一番必要としているものに使ってもらいたい。これからも被災地支援を続けていきたい」と話した。

渡邉理事長(右)から澤田市議会議長(左から2番目)へ届けられた義援金
【タウンニュース神奈川区版・平成28年12月1日号より転載】
[ヘッドラインニュース一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。